レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~

「レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~」2

レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~

 

 

田舎の実家を離れ、

 

 

 

大好きなアイドル「一色奈緒」の

 

 

 

追っかけをしていた俺だったが、

 

 

 

親から彼女を作らないと

 

 

 

実家に連れ帰ると連絡が来た。

 

 

 

 

 

 

恋愛初心者の俺は訓練も兼ねて

 

 

 

「レンタル彼女」を利用してみることに。

 

 

 

 

 

約束のデート当日、特に期待もしないで

 

 

 

待ち合わせ場所に向かうと、そこにいたのは

 

 

 

なんと憧れのアイドル「一色奈緒」だった!!

 

 

 

 

 

 

 

 

嵐山ゆーすけさん / Small Dog先生の作品です!

 

 

 

 

 

 

お願いしたレンタル彼女は

 

 

憧れのアイドル!!!

 

 

 

 

キスまでたどり着いたのに…。

 

 

 

もうこれでは会えないのではないのか?

 

 

 

 

 

…そうだ脅迫すればいい…。

 

 

 

と、考えついたところで1話が終わりました!

 

 

 

 

 

さて、どのような脅迫を思いついたのでしょうか…♪

 

 

 

ドキドキの第2話を読んでみました!

 

 

 

 

 

 

 

1話のレビューはこちらから♪

レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~
「レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~」1話ネタバレ
2019-08-10 15:29
「レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~」1話 田舎の実家を離れ、 大好きなアイドル「一色奈緒」の 追っかけをしていた俺だったが、 親から彼女を作らないと ...

 

 

 

 

 

 

 

無料試し読みあります!

 

 

 

以下の画像をクリック♪


「レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~」2話ネタバレ

 

憧れのアイドルにもう一度会うことを

 

 

 

約束してもらえた主人公。

 

 

 

 

 

 

 

向こうも実は会いたかったとか思ってて!?

 

 

 

と妄想を抑えながら楽屋のドアをノックする。

 

 

 

 

 

するとそこには、

 

 

 

明らかに不機嫌そうなアイドルが立っていた。

 

 

 

 

 

 

「あたしにどうしろっていうの…?」

 

 

 

 

これだけ怒るのも無理ないだろう。

 

 

 

 

 

俺は録画した映像を

 

 

 

ネットにアップロードする

 

 

 

という脅迫をしたからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドルは俺のことを

 

 

 

キモオタと呼ぶようになり、

 

 

 

 

 

挙げ句の果てに、圧倒的クズと

 

 

 

思うようになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

アイドルはどうしてもアイドル生命に関わる

 

 

 

録画したデータを手に入れる必要があった。

 

 

 

 

 

 

 

俺は

 

 

 

渡してもいいんだけど…

 

 

ただし条件がある!

 

 

 

どちらが先にイクか勝負しよう!!

 

 

そして

 

 

 

 

 

スケベして負けた方が勝った人の

 

 

 

いうことを聞く!!

 

 

 

というなんとも卑怯な条件を提案した。

 

 

 

 

 

 

しかしアイドルには

 

 

その卑怯な条件でも選択権はない。

 

 

 

 

 

 

それでは早速開始…

 

 

 

 

とした時にマネージャーがドアをノックした。

 

 

 

 

 

 

 

ドアを少し開き、アイドルは

 

 

 

マネージャーとやり取りをする。

 

 

 

 

 

 

するとアイドルはお尻に違和感を感じた。

 

 

 

 

俺がお尻を触り始めたからだ。

 

 

 

 

 

ムチムチした弾力…!!

 

 

 

今なら怒られることもない!

 

 

 

絶好のチャンス!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺の意地悪はまだまだ続き、

 

 

 

アイドルのパンツを膝上まで下ろした。

 

 

 

 

 

 

マ○コを直接触っているだけなのに

 

 

 

濡れてきている!!

 

 

 

 

 

 

 

それならば…と指を中に入れた。

 

 

 

 

 

ヌルヌルしてて暖かい。

 

 

 

 

 

やがてグチュグチュと

 

 

 

いやらしい音を立て始めた。

 

 

 

 

 

 

あぁ…!マネージャーと話しているのに…

 

イっちゃう…!!

 

 

 

 

 

アイドルはドアを急に締めて、

 

 

マネージャーに20分後にまたきて欲しいと伝える。

 

 

 

 

 

 

 

そして俺は3本勝負を持ちかけた。

 

 

 

 

 

負けず嫌いのアイドルは

 

 

この提案を渋々飲むことになる。

 

 

 

 

 

 

そして20分後。

 

 

 

 

楽屋にやってきたマネージャー。

 

 

 

 

しかしその楽屋の中にアイドルの姿はなくて…!?

 

 

試し読みは下の画像をクリック♪


「レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~」2話レビュー

今回は手○ンのみのプレイでした!!!

 

 

 

お○ぱいすら拝めないとは…。

 

 

管理人的には物足りない感じがあります!!!

 

 

 

 

 

しかし!!!

 

 

アイドルの制服からわかるほどの

 

 

巨乳の持ち主!!!

 

 

 

 

 

焦らしプレイだと思っておきましょう♪

 

 

 

この主人公、卑怯な手を使いまくってますねw

 

 

 

 

人が他のことをしているのをいい事に

 

 

 

先手必勝と言わんばかりの

 

 

 

攻め具合です♪

 

 

 

 

 

しかしこれで不利になってしまったアイドル!!!

 

 

 

 

これは過酷なことを要求されても

 

 

おかしくない展開となってきました♪

 

 

 

 

 

 

 

次回はなんとフ○ラ&ハメる!!!

 

 

 

お○ぱいシーンがついに現れます!

 

 

 

 

 

 

 

これはもう楽しみで仕方ありません♪

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、無料お試しを読んでみてください♪

 

 

 

 

試し読みは以下の画像をクリック!

おすすめの記事
ミス恋っ!!~ラブレターを入れる下駄箱を間違えて片思いしていた委員長ではなく学校一のヤンキーに告白してしまった僕~
ミス恋っ!!~ラブレターを入れる下駄箱を間違えて片思いしていた委員長ではなく学校一のヤンキーに告白してしまった僕~
「ミス恋っ!!~ラブレターを入れる下駄箱を間違えて片思いしていた委員長ではなく学校一のヤンキーに告白してしまった僕~」1話 学年一の秀才であ...